閉じる

品番がわからない場合

みんなの森 ぎふメディアコスモス

「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、旧岐阜大学医学部跡地に開館した市立中央図書館、市民活動交流センター、展示ギャラリーを擁する複合施設。屋根を特徴とした独創的な外観フォルムを持ち、岐阜市のシンボル的な建築物として、新たな景観を創出している。

みんなの森 ぎふメディアコスモス

名称 みんなの森 ぎふメディアコスモス
所在地 岐阜市司町40番地5
施主 岐阜市
設計 株式会社伊東豊雄建築設計事務所
施工 安田・濃尾特定建設工事共同企業体
竣工年月 2015年2月

特長

建物の特徴

みんなの森 ぎふメディアコスモスは、「知の拠点」を担う市立中央図書館、「絆の拠点」としての市民活動交流センター、「文化の拠点」となる展示ギャラリーを擁する複合施設。岐阜県岐阜市の老朽化した公共施設の再集約および中心市街地の活性化を目的とした「つかさのまち夢プロジェクト」第1期整備として、旧岐阜大学医学部跡地に、2015年7月に開館した。天井には、県産材の東濃ひのきを使用。金華山の山並みに呼応した起伏のある屋根を特徴とした独創的な外観フォルムを持ち、岐阜市のシンボル的な建築物として、中心市街地に今までにない新たな景観を創出している。

トイレの特長

全体的に白を基調としたシンプルで清潔感のあるトイレ空間には、さまざまな利用者への快適性・利便性を実現。お子様連れの来館者が多いことから、親子トイレやキッズトイレを充実し、男女一般トイレ内にもベビーチェアを設置。さらに授乳室を設けているので、乳幼児連れも安心して利用できる。女性トイレには、化粧配慮として、スタンディングタイプのパウダーコーナーを配置。車いす使用者やオストメイトなど、バリアフリーへの配慮から、多機能トイレを各フロア3ヶ所に設置。コンパクト多機能トイレパックを採用し、それぞれに異なる配慮をした器具を備えることで、機能分散化を図っている。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top