閉じる

品番がわからない場合

グランクレール世田谷中町

「グランクレール世田谷中町」は、 「シニアレジデンス176戸」と「ケアレジデンス75戸」からなるサービス付き高齢者向け住宅。子育て世代からシニア世代までの多世代交流の創出のほか、地域包括ケアシステムの拠点として、介護が必要になっても安心して住み続けられる「世代循環型」街づくりを提唱している。

グランクレール世田谷中町

名称 グランクレール世田谷中町
所在地 世田谷区中町五丁目9番9号
施主 東急不動産株式会社
設計 株式会社東急設計コンサルタント
施工 株式会社フジタ東京支店
竣工年月 2017年3月

特長

建物の特徴

グランクレール世田谷中町は、 「シニアレジデンス176戸」と「ケアレジデンス75戸」からなるサービス付き高齢者向け住宅。隣接敷地には分譲マンション「ブランズシティ」、同敷地内には多世代交流拠点「コミュニティプラザ」を併設し「世田谷中町プロジェクト」として開発された大規模複合施設である。「世田谷中町プロジェクト」は、東京都の「一般住宅を併設したサービス付き高齢者向け住宅整備事業」の第1号選定プロジェクトとして、子育て世代からシニア世代までの多世代交流の創出のほか、地域包括ケアシステムの拠点として、介護が必要になっても安心して住み続けられる「世代循環型」街づくりを提唱。また、「ケアレジデンス」は、英国スターリング大学認知症サービス開発センターと業務提携を行い、認知症への取り組みを強化している。

水まわりの特長

「シニアレジデンス」は、ベッセル式洗面器を採用するなど、くつろぎの水まわり空間を実現。「ケアレジデンス」は、「認知症にやさしいデザイン」を取り入れ、入居者の満足と自立を実現している。大便器や洗面器の水栓金具、シャワー金具は、環境に配慮して節水形の商品を採用している。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top