閉じる

品番がわからない場合

日本福祉大学 Sports Lab SALTO

「Sports Lab SALTO」 は、日本福祉大学の新学部「スポーツ科学部」の創設に向け建設された新校舎。男女どちらでも使いやすい場所へとの配慮から、多機能トイレを4ヶ所左右勝手違いで4ブース連立で設置。さらに、一般トイレ内にオストメイを設置するなど、機能分散も考慮されている。

日本福祉大学 Sports Lab SALTO

名称 日本福祉大学 Sports Lab SALTO
所在地 愛知県知多郡美浜町奥田
施主 学校法人日本福祉大学
設計 株式会社 鴻池組 名古屋支店 一級建築事務所
施工 株式会社 鴻池組 名古屋支店
竣工年月 2017年3月

特長

建物の特徴

「Sports Lab SALTO」 は、日本福祉大学の新学部「スポーツ科学部」の創設に向け建設された新校舎である。地上4階建の本館にはバスケットボール・バレーボールの公式コート3面がとれるスポーツ演習室やランニングコース。さらに隣接して屋内プール、人工芝グラウンド・コートなど充実したスポーツ設備を完備。「SALTO」は、イタリア語で飛翔や跳躍を意味し、同校が4年制大学となって60年、さらなる飛翔の証として、加えて地域と大学との密接な連携や協働の象徴と位置づけられている。

水まわりの特長

すべての人々にスポーツの楽しさを指導する技術を身につけるという学部の目的に沿い、障がいを持つ方々への配慮を充実させている。本館の1Fには、男女どちらでも使いやすい場所へとの配慮から、多機能トイレを4ヶ所左右勝手違いで4ブース連立で設置。車いす利用者が出場する大会などに対応できるように整備されている。さらに、一般トイレ内にオストメイト配慮の器具を設置するなど、機能分散を考慮。他の階にも多機能トイレを1ヶ所設置。更衣室には車いす利用者やケガをした人が利用できるようベンチを備えるシャワーコーナーを設け、屋内プール内にも多機能トイレを設置するなど、建物の設備だけでなく、水まわり部位にもバリアフリーに配慮した。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top