閉じる

品番がわからない場合

BOAT RACE若松 東スタンド棟

「BOAT RACE若松」東スタンド棟は、築33年を経過し、施設の老朽化に加えて耐震性の向上のため大規模改修を実施。施設全体として、女性の快適性がテーマとなっており「大人の女性のための競艇業界初のレストルーム」として、パウダールームとレストルームを併設した女性専用リラックススペースを整備した。

BOAT RACE若松 東スタンド棟

名称 BOAT RACE若松 東スタンド棟
所在地 福岡県北九州市若松区赤岩13-1
施主 北九州市 産業経済局
設計 九和設計株式会社
施工 株式会社 鴻池組
  株式会社 菱熱・九州機電株式会社JV
竣工年月 (改修)2016年10月

特長

改修の経緯

昭和27年の開場以来、北九州市及び中間市、行橋市の財政に寄与するとと共に地域の雇用を支え続け、地域に根ざした施設としてボートレース事業に取り組んできた。このような中、昭和56年に建築された東スタンド棟は、築後33年を経過し、施設の老朽化に加え、耐震性の向上のため大規模改修を実施した。改修にあたっては、「女性の快適性」「親子のふれあい」「食の魅力」の3つをキーワードに、多くの方にに親しまれる施設を目指した。

水まわりの特長

改修テーマのひとつである、女性の快適性を目玉として、トイレ、パウダーコーナー、休憩スペースを併設した大人の女性専用の「リラックススペース」を整備している。 上質な内装や照明、観葉植物を配した非日常的な空間で、女性がくつろいだり、リフレッシュしたり、ボートレースを楽しめるよう工夫している。 トイレ機器は節水、節電等エコに配慮した最新機器を採用している。 来場機会の少なかった女性層に向けた、快適な時間を過ごせる環境づくりが、女性ファンへのサービスアップに一役買っている。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top