閉じる

品番がわからない場合

ヤスダヨーグルト第3工場

新潟県を代表する乳製品製造メーカーの製造工場。トイレ空間内における設備の非接触化により、工場内の衛生性強化・徹底を図るため改修を実施。レイアウトや器具数の見直しを行い、利用者の使いやすさを向上させた。従業員からは、「キレイで使いやすい」、「きちんと清掃されている病院のような清潔感がある」と好評の声が挙がっている。

ヤスダヨーグルト第3工場

名称 ヤスダヨーグルト第3工場
所在地 新潟県阿賀野市保田940
施主 有限会社ヤスダヨーグルト
設計 株式会社齋藤工務店
施工 株式会社齋藤工務店
  <設備>安田設備工業株式会社
竣工年月 (改修)2017年6月

特長

改修の経緯

有限会社ヤスダヨーグルトは、新潟県を代表する乳製品製造メーカー。食品メーカーとして、従来より衛生意識は高く、手洗いなどの指導も徹底されていたが、工場内トイレの更新が課題となっていた。取引先バイヤーや、ISO・FSSC※等の審査員からも、工場内のトイレは真っ先にチェックされるため、改修を計画した。改修にあたっては、動線の効率化や事務所スペースの拡張、ロッカールームのレイアウト変更なども実施した。
※FSSC22000・・・ISO等と並んで、食品のバイヤーから求められることが増えている食品安全認証

トイレの特長

トイレ空間内における設備の非接触化により、衛生性の強化・徹底を図っている。また、レイアウトや器具数の見直しを行い、利用者の使いやすさを向上させた。トイレ内の明るさの改善と、内装の色使いを工夫を行ったことで、環境改善も実現した。従業員からは、「キレイで使いやすい」、「きちんと清掃されている病院のような清潔感がある」と好評の声が挙がっており、福利厚生の充実と業務のモチベーションアップにつながっている。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top