閉じる

品番がわからない場合

ヤマハリゾート 葛城ゴルフ倶楽部

日本を代表するゴルフ場設計家、井上誠一氏が手掛け、1976年に設立した名門ゴルフ場。今回、老朽化した女子更衣室の水まわり空間を一新。大浴場や洗面コーナーでは、隣の視線が気にならないように仕切り壁を立てることで個室感を高め、女性ゴルファーの快適性を追求した空間となっている。

ヤマハリゾート 葛城ゴルフ倶楽部

名称 ヤマハリゾート 葛城ゴルフ倶楽部
所在地 静岡県袋井市宇刈2505-2
施主 ヤマハ株式会社
建築設計 一級建築士事務所 KYPP設計
設備設計 株式会社パブリック設備研究所
建築工事 飛島建設株式会社名古屋支店
設備工事 株式会社テクノ菱和静岡支店
竣工年月 2017年3月

特長

改修の経緯

「ヤマハリゾート 葛城ゴルフ倶楽部」は、1976年に設立。日本を代表するゴルフ場設計家、井上誠一氏が手掛けた名門ゴルフ場である。葛の産地であり、古墳時代に砦が築かれていたことに由来する地名「葛城」(かつらぎ)の名を冠し、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)公認女子ゴルフトーナメント「ヤマハレディースオープン葛城」の開催コースでもあり、これまでに数々のドラマが誕生している。敷地内には、古き良き日本の趣を湛える高級旅館「北の丸」が併設されており、宿泊を兼ねて、ゆっくりとゴルフと楽しめる環境が整備されている。今回は、老朽化したクラブハウスの女子更衣室内の水まわり空間を一新し、女性ゴルファーの快適性を追求した空間を実現している。

水まわりの特長

女性ゴルファーにとってのくつろぎや快適性を追求。大浴場や洗面コーナーは隣の視線が気にならないように配慮し、仕切り壁を立て個室感を高めている。また、内装の雰囲気も随所に間接照明を効果的に配し、落ち着いたラグジュアリー感あふれる空間を実現している。設備は、節水効果の高いエアインシャワーやタンクレス節水便器など最新の水まわり商品を採用し、デザイン性はもちろん機能性もあわせ持った仕様となっている。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top