閉じる

品番がわからない場合

学校法人精華学園 精華高等学校

入学を希望する学生が訪れるオープンキャンパスに向けて、「学び舎に相応しい品のある空間」「上品で高級感のある色調」などをコンセプトに、築30年以上経過した泉北学舎の校舎内壁、3F・4Fトイレを改修。改修前は和式便器が主に設置されていたが、家庭で使用されている現状から、1ヶ所以外はすべて洋式便器に変更。便座にはウォシュレットを採用している。

学校法人精華学園 精華高等学校

名称 学校法人精華学園 精華高等学校
所在地 大阪府堺市中区辻之1517
施主 学校法人精華学園
設計 コーナン建設株式会社
施工 コーナン建設株式会社
竣工年月 (改修)2016年8月

特長

改修の経緯

精華学園は1926年、精華学園・精華実践女学校として現在の大阪市阿倍野区に設立。1983年に現在地に泉北学舎を開校の後、1996年に学舎を完全統合。長らく女子校として運営されてきたが、1998年に男女共学となる。2016年には創立90周年を迎えた。『自立・協調・創造』を教育目標に、現在1000名ほどの生徒が学ぶ。泉北学舎は築30年以上が経過しており、また秋に行われるオープンキャンパスに向けて校舎の内壁と3Fと4Fのトイレを改修。改修は今後も段階的に計画されている。

トイレの特長

改修のコンセプトは「学び舎に相応しい品のある空間」「上品で高級感のある色調」「生徒や保護者が喜ぶ斬新なトイレ」が掲げられた。改修前は和式便器が主に設置されていたが、家庭で使用されている現状から、1ヶ所以外はすべて洋式便器を採用。同じことから便座はウォシュレットを採用。清掃方法は清掃のしやすさから、湿式清掃から乾式清掃に変更している。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top