閉じる

品番がわからない場合

くわの実荘 並柳

サービス付き高齢者向け住宅と通所介護施設の一体型施設として開所された介護福祉施設。施設が立地する松本市は、介護福祉施設の激戦区であり、他施設との差別化ポイントともなるよう、施設内に大浴場を設置。温泉気分を味わえる。

くわの実荘 並柳

名称 くわの実荘 並柳
所在地 長野県松本市並柳1丁目
事業主 株式会社 アクティブコーポレーション
設計 積水ハウス株式会社
施工 積水ハウス株式会社
竣工年月 2017年1月

特長

建物の特徴

「くわの実荘 並柳」は、サービス付き高齢者向け住宅と通所介護施設の一体型施設として開所された介護福祉施設。 地域の方々が気軽に来られるような場所にしたい、という事業主の思いから、デイサービススペースは、施設感を感じさせない明るい色調の内装で設え、楽しい雰囲気を醸し出している。また、くわの実荘が立地する松本市は、介護福祉施設の激戦区であることから、他施設との差別化ポイントともなるよう、施設内に大浴場を設置。温泉気分を味わいながら、入居者や来所者がコミュニケーションを楽しめるように配慮している。館内や居室スペースは、入居者が快適に過ごせるように、落ち着いた空間に、安全性に配慮した設備が整えられている。

水まわりの特長

施設の象徴ともなる1Fの大浴場は、「ゆっくりくつろいで楽しく入浴できる」場所を目指し、広い浴槽や打たせ湯コーナー、マッサージチェア付きの休憩スペースなど充実の設備を誇る。また、大浴場とは別に機械浴室や介護浴室も完備し、さまざまな身体状況の利用者が快適に入浴できるように配慮されている。 2Fの各居室のトイレにおいては、入居者の快適性や安全性に配慮し、ウォシュレットや可動式手すりを完備。さらにメンテナンス性も考慮し、大便器は掃除口付きタイプが採用されている。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top