閉じる

品番がわからない場合

海遊館 噴水広場トイレ

屋外トイレであることから、外壁をチリ・ホコリ・汚染物質の汚れから守り「真っ白」に保つため、太陽と雨の力を利用しセルフクリーニング効果で建物外壁の美観を保つ光触媒塗料ハイドロテクトカラーコートECO-SPを採用。施主の意向から衛生性に配慮して、大便器を和式から洋式便器に、清掃方法も湿式から乾式清掃へ変更した。

海遊館 噴水広場トイレ

名称 海遊館 噴水広場トイレ
所在地 大阪市港区海岸通1-1-10
施主 株式会社海遊館
設計 株式会社近創
施工 大日本土木株式会社
竣工年月 (改修) 2016年3月

特長

改修の経緯

海遊館は、大阪港のウォーターフロント開発計画の一環として、1990年大阪市港区天保山に開設された複合型アミューズメント施設。 世界最大級の水族館「海遊館」、大型商業施設「天保山マーケットプレース」、大観覧車などで構成される。対岸のユニバーサル・スタジオ・ジャパンと並ぶ観光スポットとして、家族連れやカップルなどで賑わっている。施設の玄関口に位置する噴水広場トイレは、築25年の経年劣化が進んだこともあり、お客様に快適に過ごしてもらえるように、トイレ改修を行った。

トイレの特長

屋外トイレ棟であることから、外壁をチリ・ホコリ、汚染物質の汚れから守り「真っ白」に保つため、太陽と雨の力を利用しセルフクリーニング効果で建物外壁の美観を保つ光触媒塗料ハイドロテクトカラーコートECO-SPを採用。施主の意向から衛生性に配慮して、大便器を和式から洋式便器に、清掃方法も湿式清掃から乾式清掃へと変更した。大便器は、節水性とデザイン性に優れたパブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式とウォシュレットを採用。利用者からは、明るく臭いが気にならなくなったと好評である。屋外トイレのため、防犯対策や維持管理への配慮から夜間施錠している。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top