閉じる

品番がわからない場合

若宮の杜 迎賓館

トイレもネオクラシックマリッジをテーマとする婚礼や催事にふさわしく、気品と落ち着きに満ちた空間を実現。大便器は、ローシルエットタイプのフラッシュタンク式便器を採用。洗面コーナーは衛生面に配慮し、手洗いから乾燥までノンタッチで行うことができるように、自動水栓とオートソープディスペンサー、クリーンドライを設置している。

若宮の杜 迎賓館

名称 若宮の杜 迎賓館
所在地 愛知県名古屋市中区栄三丁目35-30
発注者 若宮八幡社
工事監理者 株式会社山下設計
設計施工者 三井住友建設株式会社
竣工年月 2015年3月

特長

施設の概要

名古屋の迎賓館として歴史と伝統を誇る「名古屋観光ホテル」と尾張名古屋の総鎮守として由緒ある「若宮八幡社」のコラボレーションから誕生した「若宮の杜 迎賓館」。運営は、株式会社名古屋観光ホテルが当たり、若宮八幡社での神前挙式後、隣接する披露宴会場で、上質なおもてなしを提供。ホテル業のノウハウを活かした婚礼事業のほか、神社の行事と連動したさまざまな催事も行っている。また、神社を訪れる方々が気軽に利用できるカフェも併設。「緑豊かな都心のオアシス」として現代人の新たな集いと安らぎの場を目指している。

水まわりの特長

トイレも、ネオクラシックマリッジをテーマとする婚礼や催事にふさわしく、気品と落ち着きに満ちた空間を実現。また、1Fと2Fでは内装を変え、異なった雰囲気を演出している。大便器は、ローシルエットタイプのフラッシュタンク式大便器を採用。洗面コーナーは衛生面に配慮し、手洗いから乾燥までノンタッチで行うことができるように、自動水栓とオートソープディスペンサー、クリーンドライを設置。さらに身だしなみチェックに配慮して、化粧鏡は鏡に顔を近づけやすい間接照明付きの個別鏡を設置している。

この事例の詳細情報(レイアウトや各部位ごとの画像・コンセプトなど)をご参照いただけます。下のボタンをクリックしてPDFデータをダウンロードしてください。

詳細情報を確認する

※閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

Page Top